0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第153回 > 2
ウクレレプレーヤー 近藤利樹さんウクレレを始めた7歳の頃。
実在のデッカイばあちゃんと共演。ウクレレを始めた7歳の頃。

NHKみんなのうた「デッカイばあちゃん」が話題ですね。こんなに注目されていて、おばあちゃんの感想は?

「恥ずかしいわ~」と言っています。歌詞は全部本当のことばかりです。本物のばあちゃんのエピソードを僕が書いて、それをもとに作詞は篠原誠さんが。浦島太郎「海の声」とか鬼ちゃん「見たこともない景色」などを作詞されている方です。そして作曲は小倉しんこうさん。小倉さんはJUJUさんの「やさしさで溢れるように」の作曲家で。すごいお二人が創ってくれました。

みんなが口ずさめる良い歌ですね。アルバム創るのは大変でしたか?

大阪と東京、往復するのはちょっと大変だったけど。お母さんも一緒に東京で泊まったり。レコーディングの時は楽しかったです。CDデビューしてから、ジェイク・シマブクロさんにプロデュースしてもらって、一緒にウクレレの話ができたことは、うれしかったです。

なかなかウクレレの話で盛り上がることは、演奏している人でないと難しいですよね。学校でも普段同じテンションで過ごしていますか?

学校では…(笑)ウクレレは普段持っていけないので。お祭りの時とかには弾いたりします。音楽の授業は、縦笛や歌ですね。ウクレレを演奏させてほしいと自分から言ったことはないけれど、学校の授業で音楽は一番好きです。楽器が好き。他の勉強はあんまり…(笑)。

プロになったことで、生活や心境に変化はありますか?

学校の勉強は前と変わらないですが(笑)、メジャーデビュー前は自分が楽しければよかったのが、今は人を楽しませたいと思うようになりました。友達と遊んだりもします。ウクレレの話はしませんけれど。ウクレレを教えてほしいと言われたら、ぜひやってみたいです。

スタジオで子どもたちにウクレレ指導。「きょうの出来栄えは90点でした!」

[3]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21