0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第154回 > 3
社会起業家 安田祐輔さんキズキの採用基準で最も重視するのは、相手に合わせられる論理的思考力。
挫折や寄り道の経験を財産にすること。キズキの採用基準で最も重視するのは、相手に合わせられる論理的思考力。

キズキで働く先生の側もいろいろな経歴の方がおられます。どういう方を採用されるのですか?

社内で統一された基準はありますが、僕が一番重視しているのは論理的な思考力のある方です。目が曇っている子にどんな言葉を掛けると表情が変わるのか。コミュニケーション能力ともちょっと違う。支援とは、相手に合わせること。学校の先生の指導は、集団をまとめるための声掛けで一方通行であることが多い。支援に必要なコミュニケーションとは、相手に合わせること。 一例として、たとえば3年間引きこもりの子が通うことになった場合、毎週の授業が楽しみだな、と思ってもらえるように声掛けすることを考えるのが先生の役目。楽しみにするためには何をすべきか?目標から論理的に逆算して考える営業マンと同じです。ものを売れる人は、キズキで働けるかもしれません。引きこもりの子に対して、学校の先生は学校が基準なので「学校にきなさい」と言わざるを得ないことが多い。このように、採用面接ではキズキで求める指導力があるかどうか見極めます。

社会の流れを作っているのがすごいなぁと思います。先日クラウドファンディングが始まったばかりの、キズキの新たな取り組みを教えてください。

年明けから、うつや発達障害の人を対象としたビジネスカレッジを開校します。キズキ共育塾は20歳前後の子が主な生徒層ですが、このビジネスカレッジは一度社会に出たものの働けなかった20~30代の方が主な対象です。そうした方々が再び働けるようになるための、高度なビジネススキルを教える予定です。再び会社勤めを行う道もあれば、会社組織に合わせて働かなくてもフリーランスで仕事をする道もある。僕の周りにも英語の翻訳をクラウドワークスなどで請けて生活費を稼いでいる…という人が結構いますが、それは本人のペースで働けていいと思う。英語ができるという技術、専門性があるからできること。「うつや発達障害を抱えていても、専門性を高めればいろいろ道がある」という支援・教育を提供していきたい。10月からクラウドファンディングも始めています。

すごく世の中に望まれていることだと思います。子どもを育てる親に、安田さんの立場から何か伝えてもらえますか?

子どもに自分を投影することはやめてほしい。日本は、子どもの成功や失敗が親の成功や失敗になっている。家族主義の思考でしょうが、そういう発想をまずやめること。「うちの子にはこうなってほしい」とあれこれ考える時点で、僕は嫌だな~と思っています。「やさしくて幸せに育ってくれたらそれでいい」くらいの親の方が、子どもは生きやすいと思います。世界を見渡すと、「子どもに過度な期待は掛けない。勝手に育てばいい」といった文化圏もあって、もちろんそこにも欠点はあるでしょうが、日本社会の価値観が少しそっちによっていけばいいなと思います。

今、暗闇にいる人には、どんな言葉を掛けてあげたいですか?

人生長いですから、何年か遅れても、その分長生きすればいい。むしろ挫折の経験が、年を重ねてから物語になる。その経験があるから、自分はこれがやりたいという希望に変わってくる。挫折もそんなに悪いモノじゃない。僕も自分の過去があったからこそ、今の仕事で飯が食えている。ああ、よかったな。と今となっては思います。

---ありがとうございました!
幼少期からの壮絶な体験をふまえて、それを財産にして飯のタネにしている安田さん。日本の30代は本当におもしろい人がたくさん誕生していて、ずっと前のめりでお話伺いました。社会的にあまりスポットが当たらなかった中退や引きこもり、うつ、発達障害など抱える子どもたちがキズキの存在でどれだけ光を感じられていることか。新しい事業も益々注目です。安田さんのこれからが本当に楽しみです!

2018年10月取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

安田 祐輔 書籍紹介

暗闇でも走る

  • 暗闇でも走る
  • 安田 祐輔 著
  • 講談社
  • 定価 1,512円(税込)
  • 発売日 2018/4/27
  • 発達特性に加え父のDV、家ナシ、非行…地獄から抜け出すため偏差値30から一流大学へ。苦難を乗りこえ、困難を抱えた若者のための日本初の大規模な塾を立ち上げた起業家の感動実話。生きづらい状況の中でも道を拓く思考法や努力のすべて。

■活動情報

キズキ共育塾

不登校・中退・ひきこもり・再受験など、もう一度勉強したい人の個別指導塾

クラウドファンディング実施中!

うつや発達障害等で離職した若者の「もう一度働きたい」に応える学校を作りたい!

うつや発達障害等で離職した若者の「もう一度働きたい」に応える学校を作りたい!

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21