0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第40回 > 3
12歳で見つけた道を歩み続けるバスケットボールコーチ 大山妙子さん中学3年生で全国大会優勝。中野区立第三中は越境入学も多いバスケットの名門校。
通年で子どもたちのバスケットを指導する立場へ中学3年生で全国大会優勝。中野区立第三中は越境入学も多いバスケットの名門校。

現在展開されているバスケットクリニックの対象年齢はおありですか?何か指導で大切にされていることは。

基本的に小中学校が多く、1dayコースとチームパワーアップコースの2種類あります。全国各地からインターネットで受け付けて抽選で当選したところへ訪問しています。多い時は毎週末予定が入っていますね。指導していることで大切にしているのは、バスケットボールの基本と実はコート以外のこと。バスケットの技術的な指導は、女子にとって習得するのが難しいもの。男子は身体能力が高いので、言ったことに対してすぐ反応できてしまうのですが、女子は時間をかけて身につけていくもの。ですから、バスケットコート以外のプライベートで身につけてほしいことも伝えています。

自分たちの子ども時代と比べて変わってきたなと思うことはありますか?

昔はとりあえず体で動いて覚えたものですが、今は言葉で説明して理解してから動くという違いがあります。強いチームですと勝ちたい気合いがありますが、弱いチームや初心者ばかりのチームへもコーチに行きますので、それぞれのスキル、土地柄によってもいろいろです。

大山さんご自身は、体で覚えてきたことをプレイで実現してこられた。

頭でじっくり考えるよりも先に体が動いていましたね。そしてすごく負けず嫌いでした。ぜったい勝つぞ!というような(笑)。それなくしては戦えない。それは他のスポーツでもそうだと思います。昔から「芯は強い」と言われていましたが、バスケットを始めるまで引っ込み思案でした。でも、このチームスポーツをするようになって人とのコミュニケーションも大切にするようになったし、何より積極的になりました。そしてスポーツの厳しさを知ることで、負けず嫌いな性格にもさらに磨きがかかりました。

やっぱり負けず嫌いって、一番大切なスピリッツですよね。ではこの先、どんなふうにご自分のお子さんを育てていきたいとお考えですか。

私も両親に体を動かすことをさせてもらえたので、同じように育てたいですね。あれをしなさい、これをしなさいというお仕着せではなく、とにかく体を使う何かを。根本は、私がやりたいと思ったことを後押ししてやらせてくれた。ですからスポーツではなく、勉強とか他の何かであっても、子どもがやりたいと思うことを後押しするのが親の役目かなと思います。

中学から始めたバスケでメキメキと実力を伸ばし、高校は強豪の東亜学園へ進学した。

 

---ありがとうございました!
地に足をしっかりつけ、これまで生きてこられたのが伝わってきました。言葉の数こそ少なめですが、好きなことを大切にしてきた人だけがもつ「人としての厚み」を感じました。私も中学時代バスケット部でしたが、暴力的な顧問と意地悪な先輩と厳しい練習が、どうにも好きになれなかったなぁ(笑)。高校は硬式テニス部に変えてスポーツを楽しみましたが、いつまでたってもテニスの美しいフォームができず、何が何でもボールを拾いまくってスキをついてスマッシュを決める「バスケットテニス」と言われておりました。スポーツは指導者が大切なんですよね。自己流で続けるのではなく、大山さんのようなコーチが全国各地をまわって子どもたちに指導してくださるなら、もっとこのスポーツの奥深さ、楽しさを味わえそうです。これからも益々のご活躍をお祈りしております!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション
2009年予定

JOMOバスケットボールクリニック

・1dayコース,チームパワーアップコース

・JOMOバスケットボール教室

詳細はJOMOバスケットボールクリニックホームページをご覧ください。

http://www.j-energy.co.jp/jomo_clinic/

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21