0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第108回 > 3
ハンドベル界のトップ奏者「きりく・ハンドベルアンサンブル」主宰 大坪泰子さん高校当時から目立つクールな美少女。(後方一真ん中が大坪さん)
経験したことは、すべていかされている。高校当時から目立つクールな美少女。(後方真ん中が大坪さん)

ハンドベルの第一人者でもありながら3人のお子さんのお母さんでいらっしゃいますが、教育方針はおありですか?

『好きなことを一つでいいから作りなさい』と伝えています。中2長男は理科が好きで理科研究部に所属しています。虫や魚や微生物に興味があるようです。先入観をもたずに多面的に物事を見る大切さを教えています。一方、小6次男はサッカーと卓球をやっていて、体を動かすのが大好き。幼稚園年中の長女は音楽をやりたいようです。何をやらせたからこうなりました…というのではなく、持って生まれたものがそれぞれあると思います。

おもしろい!3人ともそれぞれ趣向が異なる。泰子さんは幼少期からハンドベル奏者を夢見ておられたのですか?

ハンドベルは中学で出会ってから好きになりましたが、小学校時代はチェロを習いたいと親に頼んで却下されていました。チェロを習っていたらまた違う人生だったかもしれないし、やっぱりハンドベルをやっていたかもしれないし。大人になってからチェロを習う機会に恵まれました。すごく思うのは、やってきたことすべてがいかされている。邦楽も、弦楽器も、読んだ本、観た映画、体験したことや見てきたものすべてが音に反映されます。どんな音をイメージできるか?は、経験してきたことで成り立っていると思います。

人生経験のすべてが演奏の深みにつながっているのですね。ちなみに10歳年下の旦那様の存在も音色の深みに?(笑)

夫は音楽をやっていません。そもそもの出会いは、世田谷にある実家の近所のおいしいフレンチレストランへよくランチに通っていて、夫はそこの店員のひとりとして働いていました。頼んでもいないのによくデザートも出てくるのでサービスとはいえ親切だなぁ…と思っていたら、私は彼の名前も覚えていなかったのですが、あちらは好意を寄せてくれていたようで。10歳違いますが、当時からそんなに若くも見えず、好みというわけでもなく、趣味も違う…。まったく対象圏外、ノーマークの人でしたから…なぜ夫婦になったの?と聞かれれば「ご縁」としか言いようがないです(笑)。

恋愛は理屈では表現できないもの。音楽も一緒かもしれません…「きりく」の演奏は楽譜を追うより、イメージを共有して奏でる音色なのですね。今後どのような活動を?

とにかく良い響き、良い作品を創りたい。場のエネルギーも人の意識も変わるような音楽。独りでできることはやりすぎて潰れやすいけれど、皆でするものは制限付きではあるけれど息長くできます。もっとたくさんの場で演奏をしたい。私たちのハンドベル作品は量産ができません。もし量産するなら時間が必要で、できるだけメンバーチェンジはしたくない。5年後、10年後どうなっているかはわかりませんが、同じメンバーで活動を続けていられる奇跡が起こることを願いつつ、より熟成された音楽を創っていきたいですね。

---ありがとうございました!
とにかく鳥肌がたつほど美しいハンドベルアンサンブルの音色。これはライブで体験しないとなかなかその素晴らしさを伝えきれません。チームプレイで奏でる複雑なパフォーマンスは演奏だけでなく、曲目を変える時も。料理人のように手際よくベルの用意をする姿にも釘付けになりました。泰子さんの落ち着いた物腰は、熟練者だけが持ち得る自信に裏付けされたもの。世界のハンドベルプレーヤーも、家に帰れば母であり、妻であります。自分の軸になること、ハンドベルが人生の真ん中にあるせいか、家族それぞれの個性を尊重しながら、俯瞰で見守る感じがひとりの女性として素晴らしいなぁ~と思いました。さらに熟成されたハンドベルを演奏できるよう、これからのご活躍も応援しています!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●大坪 泰子さん 活動情報

きりくハンドベルアンサンブル

●アルバム紹介

新規アルバムレコーディング予定!

『ハンドベルで聴くクリスマス・ラブソングス』

『ハンドベルモーツアルト』恋とはどんなものかしら

『響きの贈り物~アヴェ・マリア』

[1]   [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ

 




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21