0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net

2006.9.9~18に開催した高崎市内のギャラリーにて。
描いた絵をこうして眺めながら、次の絵の発想が湧いてくるのかもしれない
割烹の調理場でお勤め後、画家としてデビューされたのですか。
母方の兄弟にあたる叔父さんが当時平凡パンチの編集者でして、堀内誠一さんという有名なアートディレクターと知り合いで、運よく僕の絵に目を留めてくれた。それで僕の絵が、今の『anan』の前身誌『平凡パンチ』女性版の中でイラストが起用されたのが一番最初。でも、デビューといえるかな……それで食っていけたわけではないから。その後も1~2年に1冊絵本の仕事に関わりながらアルバイト生活でした。絵を描くとお腹がすいているのも忘れて没頭しちゃう。絵は50年以上描き続けている僕にとって、衣食住と同じ。湧き上がってくるから描くんです。

スズキさんのワークショップに先日私も見学させていただきましたが、まさに湧き上がって手が動いている感じがしました。絵だけでなく切り絵や工作もお得意ですよね。こうした催しは全国で?
毎月各地で開催しています。ワークショップのことを『同時多発アート』と呼んでいます。うまく創る必要なんてないんですよ。夢中で創るという時間や空気を共有するのが大切なわけで。万国旗やお面を作って、パレードしたり。最後に紙ふぶき吹いたり。創作した最後に、何かのアクションをするのはお約束です。

楽しかった!という思いを胸にして皆、ご機嫌で帰途につくわけですね。スズキさんはワークショップで講師役でしたが、教えるという感じではないですよね。一緒に楽しんでいる……もっといえば、率先して楽しんでいるというか。
大人が熱中するものがあると、子どもはわかるものじゃないですか。僕は目を瞑って描いている。描かされているといったほうがいいかな。写実ではなくて想像でね。僕が子どもたちに何か教えこまなくても、皆自分で考えて見よう見まねで創りますよ。
[ 3 ]を読む
〔1〕|〔2〕|〔3〕
 
このページのトップへバックナンバー一覧


 

次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21