0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第122回 > 3
ヴァイオリニスト高木凜々子さん昨年ハノーファーでのコンクールにて。
海外のメジャーコンクール出場を胸に。昨年ハノーファーでのコンクールにて。

経歴を拝見すると19歳でありながら、たくさん世界のコンクールに出場されていますね?ちなみにアルバイトはしていますの?

演奏活動によってギャランティーを頂く…というのはたまーにありますが、演奏には無関係のアルバイトはしていません。演奏と関係のない時間を過ごすなら、その分を練習時間にあてなさいと両親から言われています。

演奏で届けたいオリジナリティってどんなことでしょう?そして4年後のオリンピックイヤーは、どうしていたいですか?

何も感じられない音を奏でたくない。一つひとつの音に生気を感じられるようになれたら。『音はうそをつかない』と言います。その人と也が出るのでしょうね。4年後は海外の国際コンクールに出場して良い結果を残していたいです。自分の名前を広めて、演奏をひとりでも多くの方に聴いてほしい。それができていたら最高ですね。応援してくれている母からは「凜々子の音色は明るい。幸せそうだね」と言われます。

3.11東北大震災から5年経ちます。今回凜々子ちゃんに被災者応援企画のバザールでミニコンサートを行って頂きます。あの日の記憶…どんなこと覚えていますか?

両親が仕事で不在、家に一人でいました。4階のわが家がものすごく長く揺れて、怖くて猫を抱えて机の下にもぐりました。テレビをつけると見たこともない恐ろしい津波が映ってビックリして不安なまま過ごしました。その後、大手新聞社主催する被災地支援のためのプロの音楽家によるオーケストラに中3時に最年少で参加しました。今年も参加します。演奏が少しでも癒しにつながり、被災者応援のご寄付につながればと願っています。

では最後に、お子さんにヴァイオリンの習い事をさせている親御さんへ、凜々子ちゃんからアドバイスをお願いします。

強制せずに、自由にやらせてみてほしい。そこで本人がどれだけがんばれるか?です。お母さんがワァ~ってなったらおしまいで、それだとうまく育たない。うちの母のようにいい距離感をもって放っておかれるといいのかな。お世話になったヴァイオリンの先生方にビシビシ厳しくされ、レッスンが辛いと思ったことはありますが、今があるのは全部そういう厳しさを乗り切ることができたからだと思っています。心のなかで『ヴァイオリンは続けたい』という思いが常にあります。そういう気持ちが、成長の支えだと感じています。

---ありがとうございました!
さながらアイドルみたいにかわいらしい凜々子ちゃん。ヴァイオリニストのお母様に、プロの資質があると感じた点をお聞きしたら、「楽譜を読むのが速いからすぐ弾けるようになる。それもかなりハイレベルの演奏ができてしまう。プロになったら、譜読み、リハーサル、本番の連続で、どんどん演奏しないとならない。凜々子が仕事したらラクだろうなぁ~って(笑)」。やはり幼少期に楽譜からでなく耳から聴いて演奏できた積み重ねが、そのスキルを伸ばしたのかも。ヴァイオリンを弾くとぐっと大人っぽい表情の凜々子ちゃん。3.11バザールの演奏会ぜひいらしてください。

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

高木 凜々子さん 活動情報

日程   開演時間
3/5 土曜の午後のコンサート
~鶴川ポプリホール
15:00開演
3/7 ラジオ出演
~FM横浜
13:50~14:00
(約10分出演)
3/11 チャリティー演奏会
~みどりアートパーク ホール手前 ホワイエ
15:00~15:30
17:00~17:30
3/15 頑張ろう!日本スーパーオーケストラ
~サントリーホール大ホール
19:00開演
3/20 福井県新人演奏会
~ハーモニーホール(福井県)
13:15開場 14:00開演
3/24 アルメニア音楽祭
~代官山ヒルサイドフォーラム
19:00開演

[1]   [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ

 




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21