0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第133回 > 3
精神科医、作家 岡田尊司さん「安全基地」とは、春のひだまりのような存在。
やりたいことを持てる主体性を育む。「安全基地」とは、春のひだまりのような存在。

先生のお話しのされ方は包容力があって心開いて語りたくなるのですが、小さな頃から温和な物腰でいらしたのですか?

もともと話をするのが好きでしたが、大学時代に精神的に悩んでいる仲間と「語り合う」ことをよくしていました。合計10年間大学に通っていましたのでね。前半の5年くらいは語り合う経験を重ねて、その頃のことが自分のベースになったのだと思います。高校卒業するまでのんびりした香川県の環境で過ごしました。野山を駆け巡る子ども時代で、当時は塾もなくて、書道教室はあったかな。小学校は1学年1クラスしかなくて30名のクラスメートでした。最近になって遂に廃校になってしまい残念です。

のんびりした環境でお育ちになられて、今の子どもたちをどのようにお感じになられていますか?

どんどん変動する社会の中で何よりも大事なのは、やりたいことを持てるかどうか。今の子どもがかわいそうだなと思うのは、「これがやりたい」という子が少ないこと。小さな頃はあっても、本当に進路を決めなくてはならない時には、「別にやりたいことはない」となってしまう。主体的な進路決定ができない背景をみると、親の価値観が優先され、その子の個性が腐食されている。もともとやりたいことがあっても、いつしか薄まってしまう。苦労してまで夢を叶えるより、これ以上面倒なことはしたくないと、親が示す舗装された道を進んでしまう。別にそちらに進みたいわけではないから、簡単にやめてしまったりする。親は子どもを誘導するのをいかに克服できるか?ではないでしょうか。

「愛着障害」を拝読して感じたのは、親の言いなりに従う良い子が、自我の芽生えと共に無気力になったり、気持ちを伝えられなかったりするように思いました。良い子が必ずしも良いわけでない、というか…。

たとえば強制収容所にいる人が、看守の顔色だけ見て暮らすように、親が安全基地でない子どもは、人の顔色に合わせるようになる。主体性をもてず、対人関係にも問題が生じやすい。本音を言ったり、自分の気持ちを伝えたりできない。家庭という収容所で、親という看守の顔色を窺いながら過ごす癖が身についてしまっている。ずっと強い支配を受け続けてくると、感情を失ってしまうのです。たとえ支配から解放されても、自分で何かを決めたりできなくなってしまう。そこから回復するのに、10年、20年かかることもある。それくらいマイナスの影響があるものなのです。

先生から子どもを育てる親へ、これだけは押さえてほしいというアドバイスをお願いできますか?

子どもの一番の応援団長でいてほしい。そのためには、子どもの安全基地になること。いちいち細かな口出しをして野次ったりするのはいけません。細かいことを言い過ぎると主体性を侵害してしまう。親がどれだけ自分を振り返ることができているか。何か問題が起きた時に、すぐ解決できるようなアドバイスや助言をしてしまう親は要注意です。もちろん子どもがそれを求めているのでしたら一緒に考えてあげればいい。子どもが求めていないのに、つい親が改善策を提示してしまうタイプは、仕事ができる人に多いのです。仕事ができる親が子育てでつまずきやすいのは、ビジネスと同様に問題解決をしたがるから。子どもが自分で問題解決できるようにするのが、いい安全基地。それには、求められていることだけに応えればいい。子どもが何を求めているのかをよく見極めて、ちょっと控えめに応えてゆく。常に過剰反応しないという心掛けが大切です。親の道は修行ですよ。

---ありがとうございました!
以前に岡田先生の本を拝読し、これは絶対お目に掛かってお話をお聞きしたい!と熱望しておりました。子どもが小さな頃はかわいいので無条件にすべてを受け入れて自信をもって「私が安全基地」といえたと思うのですが、まもなく成人する我が子をみて今、自分はどうだったろう?と振り返ることが多々あり、取材でありながら半ばカウンセリング的なインタビューとなりました。百の励ましの言葉より、伴走してくれる一言を頂けたことでとても力をもらえました。気づきは先生の著書からも感じて頂けます。これからも人生のバイブルとして読み返していきたいと思います。ありがとうございました。

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

岡田 尊司 書籍紹介

『誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体』

  • 『誇大自己症候群 あなたを脅かす暴君の正体』
  • 岡本 尊司 著
  • 朝日文庫
  • 定価 756円(税込)
  • 発売日 2017/1/6
  • 少年犯罪や、モラハラ・DV、暴言政治家…従来の精神医学ではとらえきれない彼らの病理を「誇大自己症候群」と呼ぶ。その特徴は、幼児的な万能感や現実感に乏しいファンタジー傾向、共感性の欠如などである。子どもから大統領まで、現代社会全体に蔓延する病理の真実。

愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる

回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち

  • 『回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち』
  • 岡本 尊司 著
  • 光文社
  • 定価 907円(税込)
  • 発売日 2013/12/13
  • 親密な関係を避ける、責任や面倒を避ける、チャレンジを避ける、傷つくことを避ける、感じることを避ける。今こんなタイプが急増している。これは少子化・晩婚化の真の原因か?

愛着障害 子ども時代を引きずる人々

  • 『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』
  • 岡田 尊司 著
  • 光文社
  • 定価 929円(税込)
  • 発売日 2011/9/16
  • 人に気をつかいすぎる、親しい関係が苦手、依存してしまいやすい、発達障害と似たところがある、意地っ張りで損をする。その裏側には愛着の問題がひそんでいる!

[1]   [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ

 




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21