0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第71回 > 2
女子サッカーの実力を世界に示した立役者 宮間あやさん小学1年生からサッカーチームでプレー。ボールを蹴るのが好きでたまらかなかった。
強豪チームをやめて高校のサッカー部で男子と練習小学1年生からサッカーチームでプレー。ボールを蹴るのが好きでたまらかなかった。

やっぱり中学生時代から宮間選手は心が違いますね。中2から高2までクラブチームに通われる生活を続けてこられて3年目で一旦退部されたのはなぜ?

監督や練習が厳しいという理由ではなくて、誰かを蹴落としてまで這い上がっていこうとか…そういう気持ちがなかったんです。もちろんチームスポーツで11人に入れないと闘えません。明るい環境で切磋琢磨するならいいのですが、そうでもなかったんです。誰かを蹴落としてまで、自分がポジションを取る…という気になれなかった。今はない話でしょうけれど、当時の話です。

クラブチームをお辞めになってから、一旦サッカーを離れることに?

「辞めます」と伝えた翌日から学校のサッカー部に行って男子と一緒にボールを蹴っていました。最初は休み時間に遊びでサッカーに混ぜてもらっていたのですが、「やればいいじゃん」と周りの男子に言われて、体格が違う高校生男子と一緒に部活動もするようになりました。その後、岡山湯郷Belleで本田監督から声を掛けてもらって、平日は高校の部活で男子と練習し、時々週末は岡山湯郷で合流。卒業後にこちらへ来ました。

元日本代表・本田美登里監督が転身のきっかけになられたのですね。

本田監督とは私が小学5年生の頃からの長い付き合いです。当時は本田さんが岡山へ着任したばかりで、選手登録を勧めてくださいました。小学5年生の時に、ある銀行主催でアメリカへ行く親善大使をサッカー少年・少女から選ぶという企画がありまして、たまたま母が私を応募。選ばれた時のコーチが本田さんでした。本田コーチは決して優しくはありませんが、自分から相談すると答えてくれる監督です。

高校卒業されて当たり前のように岡山へ来てサッカーを続けられたのは、そこにどんな強い思いがおありでした?

当時はプロでもなかったですし、本田さんも「他のチームでサッカーやってもいいよ」と言ってくださいました。そういう中で自分が選んだ。女子サッカーは皆日中は仕事をしながらサッカーをするのが当たり前ですから、それほど抵抗もありませんでした。仕事は日中、体育館の事務ですとか湯郷ベルの事務などを務めて、夕方から練習という一日。常に時間はありませんね。

2011.10.11   VS伊賀

[3]を読む   

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21