0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第74回 > 3
「3年あれば天才は育つ!」と説く 天才教育コンサルタント 野村るり子さんベラ・マルタ=カロリー夫妻が経営する体操クラブでの指導風景。褒める教育を徹底した。
習い事は子どもの意思でしたいものを選んでベラ・マルタ=カロリー夫妻が経営する体操クラブでの指導風景。褒める教育を徹底した。

それでは習い事を考える親へのメッセージをお願いします。

はじめは複数の習い事をさせたとしても、その中からいくつか絞り込んでほしいですね。絞り込む際は親が好きなこと、子どもにさせたいことではなく、子ども自身に好きなことを選ばせてほしい。多くて3つ、できたら2つ以内に絞ってそれを継続してほしい。選んだものが何であれ人格は作られます。複数の習い事をパーフェクトにこなしても、それで大成した子どもを私は見たことがありません。例えば就職活動の時にたくさんの習い事をした子どもよりも、少しのことを長く続けてきた子どものほうが厳しいこともしっかりと乗り切っています。

確かにそうですよね。1週間に何個もかけ持ちして習い事をする子どもは、結局力が分散されてしまうから好きなことが見えにくくなってしまう。

お稽古ごとは長く続けていたら、毎日晴れの日ではない。雨も降れば雪も降る。辛い時があっても、待てば春が来るし陽が当たると、親は伝えてあげてほしい。山登りでも、登っている時は雲が掛かっていてあまり景色がキレイじゃないから降りるということを繰り返していると、ずっと雲の下をジグザグ登ったり降りたりで頂上へ行けないまま。でも、雲の先に素晴らしい景色があって、美しい朝日を見た経験のある子どもは、何度もチャレンジできる。ですから、辛い時に習い事を辞めるのは反対です。辛い時を乗り越えた時に辞めるならば…ですけれど。

日本の社会は子どもたちへの教育改革以前に、大人の側が相当歪みをもっていますが、るり子さんは今の日本をどのように捉えていらっしゃいますか。

首相が変わり過ぎで世界から見たら異常事態。アメリカは問題解決型社会なので何かあったら話し合いますが、日本は何かあると我慢しなさい、忘れなさい…といういわば問題もみ消し型社会。問題を直視して乗り切ろうとする教育がなされてこなかった。責任とって辞める…という何ら解決にならないことの繰り返しですよね。私は日本が大好きですが、もみ消すエネルギーを違う方向にいかせば、もう少し長く首相続けられるのでは?と思います。

3.11以降、天才教育コンサルタントとして何か心得ていらっしゃることはありますか?

3.11以前から同じことを言ってきていますが「明日何があるかわからないのだから、今日後悔することを一つでも無くそう」と。何でも先延ばしにしないで今を大切に。彼氏彼女でも、親子でも、夫婦でも、一緒にいたら嫌なことがいっぱいあると思いますが、最後の別れ際は笑顔が難しくても平常心で。それがわかっていても捨て台詞のひとつでも言いたくなるのが人間だとは思いますけれど(笑)。

---ありがとうございました!
るり子さんとはご縁があって4年前までは大変お世話になっておりました。今回取材を通じて久々にお目に掛かり、お元気そうでお変わりないどころか、ますますパワーアップして天才教育コンサルタントっぷりを発揮されているのを目のあたりにし、たいそう刺激を受けた次第です。物事の捉え方が日本にいながらにして外国人のような存在!実は私も昔からそう言われ続けてきて、顔は外人、心は日本人で生きてきました。お話しを伺えば伺うほど、るり子さんのような指導者とはやく出会っていれば!なんて(笑)。とにかくこの本を読んで、今日から子どもとの向き合い方のヒントにしてみませんか?

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●野村るり子さん書籍情報

3年あれば天才は育つ! 親も気づかない才能を「見つける」「引き出す」法

>> 詳細はこちら

英語の授業では教えてくれない自分を変える英語

  • 英語の授業では教えてくれない自分を変える英語
  • 2012/2/25発売
  • 野村るり子 著 講談社I
  • 定価 1,260円
  • 日本の生活に嫌気がさし、アメリカに逃げ出した少年、陸。しかし、そこで彼を待ち受けていたのはバラ色の人生ではなく、言葉はおろか、考え方すらも通じない世界だった。いくつもの局面で降りかかってくる難題を、ひとつひとつ根気よく解いていかざるを得くなった陸。そのことで、彼に見えてきた世界とは…?陸とともに悩み、考え、バーチャル留学を経験することによって、「異文化理解」の本質がとことん分かる一冊。

>> 詳細はこちら

30秒で人を動かせ!

  • 30秒で人を動かせ!
  • 野村るり子 著 あさ出版
  • 定価 1,470円
  • 速く決断してほしい。説明をすぐに理解してほしい。短い自己PRで興味を持ってほしい……
    こんなとき、相手から期待通りの反応を引き出すにはどうすればいいのか? そのためのヒントをお伝えするのが本書です。

>> 詳細はこちら

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21