0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第76回 > 2
内部被曝の脅威を説き続ける被曝医師 肥田舜太郎さん広島の消えた日―被爆軍医の証言  影書房
被曝国がなぜ原発を作ることになったのか?広島の消えた日―被爆軍医の証言(影書房)

こんな小さな島国で地震国なうえ憲法9条も作った日本が、なぜまたたくさんの原発をつくることになったのですか?

アメリカに売り込まれたのです。はじめは化学兵器、その後は潜水艦用の発電機となった。音がしないから武器となる。原料は石炭でなく、ウランを燃やして使い半永久的なエンジンになった。学者はまさかそれを爆弾にするなんて思いもよらなかったのだけど、アメリカとしては「ヒットラーに先に作られたら終わりだ。その前に自分たちが何とかドイツより先に作らねば」と思ったわけです。そうしてヒットラーをあきらめさせるには放射性物質を粉にしてドイツ市民が食べる畑にそれを撒いて、膨大な数の市民を病人にすればいいと恐ろしい結論を出した。戦争が終わってからもずっと人を殺し続ける物になってしまった。

戦争によって人工的な放射性物質が作られたという歴史をまず知るべきですね。戦争直後、無視された内部被曝は、外部被曝と同様に人体に影響を与える。

内部被曝が有害だという事実をどれだけの人が知っているのでしょう?日本人がモルモットにされたわけです。将来、戦争でこの爆弾(放射性物質)がどう使えるのか。どのような影響を人体に与えられるのか。与えるためにどのように改良すべきか。そういうことを知るために何年にもわたってアメリカは日本を占領して調査を行いました。戦後、こうした事実を心ある医師や弁護士が身の危険を冒しながら伝えてきました。

私の知り合いのお婆さんで女学生時代に広島で原爆にあって頭に無数のガラス破片が刺さり命からがら生き延びて、今81歳になる方がおられます。同じように外部被曝にあって即死された方もおられる中、なぜ生きられる方と、そうでない方がおられるのでしょう?

それは放射線と人の関係について知らないといけません。放射線はうけた人の体の状態によってみんな違います。その人の年齢や健康状態、習慣、食べるもの、考え方…すべて異なるわけです。あう人間によってストロンチウム90が何を引き起こすのか、それぞれ違うわけです。だって身体の条件が違うのですから。「同じように被曝をして、同じことが起こらないのは変だ」という理屈は、核を使う側の人間の発想です。

肥田先生は医師として核による人体への影響力を追跡されてこられました。多くの人に起こった事実を後世に伝えるために心がけてこられたことはございますか?

広島、長崎でも現在21万人の被爆者が生き残っています。彼らは身体にそういう条件があった。なぜ一人ひとり身体の条件が違うのか意識的に診てきた医師は私一人きりでした。ただ、私は被爆者が嫌いでした。戦争で被害に遭ったのは広島や長崎で原爆に遭った人だけじゃない。多くの人がさまざまな形で被害に遭ってきた。そして被爆者同士、差別もうまれ力関係もうまれた。私はそうしたことに取り込まれたくなかったのです。「命は皆平等」だと思っています。東京大空襲で死んだ人も、広島で被曝して死んだ人も、皆、戦争のために命を落とさせられた被害者です。戦争は二度と起こしてはならない、そう決意して共産党に入って政治活動も行ってきました。

内部被曝の脅威 原爆から劣化ウラン弾まで 肥田舜太郎・鎌仲ひとみ共著 (ちくま新書)

[3]を読む   

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21