0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第107回 > 3
イクメン料理研究家 コウケンテツさん家族仲良く、いつも料理を囲んでおいしいものを食べる体験があった。
怪我で挫折、家族の支えにいつも感謝。家族仲良く、いつも料理を囲んでおいしいものを食べる体験があった。

目標を明確にもって突き進んだわけですね。もう~穏やかそうなコウケンテツさん、実はなんて熱い!!(笑)それからは?

テニスクラブのジュニアチームは18歳になるとクラブを出なければなりませんが、僕はまったく試合に勝てずコーチにも「辞めたほうがいい」と言われました。でも何とかしたい…とあきらめきれず、テニスのコーチをしながらプロを目指す道があることを知ってそれだ!と、クラブに残りました。でも気が焦ってしまい、オーバーワークでハードトレーニングをして椎間板ヘルニアになってしまった。今でこそ手術方法もいろいろありますが、当時は手術という選択肢はなくて。19から21歳の2年間ほとんど自宅で寝たきりの生活でリハビリを続けました。テニスは完全に断念せざるを得なかった。寝たきりになって僕は何もできなかったけれど、家族はいつも通り接してくれて、毎日支えてもらいました。

それは大変でしたね。実力云々ではなく体を壊すと心も折れちゃいますもの。復活できてよかった。

元気になってからは夢を追うのは二の次で、とにかくお金を稼がなくては…とアルバイトを何種類もこなし一日20時間くらい働いた。パン屋、レストランの厨房、本屋、ビデオ店、配送業、警備員…夜の仕事以外はほとんどやりました。良い先生と出会えてヘルニアもよくなったので20代はひたすら労働。家族皆が頑張って少し家計も持ち直して、僕が23歳の時に母が「末っ子もやっと元気になって社会で働けるようになったので、今度は私が自分の夢を追いたい」と料理家になりました。休みの日は、母の仕事を手伝うようになった。料理が大好きでしたから、傍で母の仕事っぷりを見ているうちに「おもろい仕事やなぁ」と。荷物運搬係から洗い物部隊に入り、韓国料理の要であるタレ混ぜ係に昇格。タレを味見しながら「これはこう作るんか~」「これが隠し味なんか~」とイチイチ発見と感動。だんだん母も忙しくなって、東京から大阪へ出版社の方が来るようになりました。僕が30歳になった頃、某出版社の編集長から僕に「連載をしてみないか」と誘いがあって、僕の料理食べたことも無い方でしたが大抜擢をしてくださった。

料理家になりたい!という欲より、土台に料理好きな自分がいて、それを理解してくれる方に恵まれた…理想的な展開ですね。

気がつけば常に料理があったので、巡り巡って本来の場所に戻ってきたような気がします。姉も料理家ですが、上の兄二人共、僕より皆料理がうまい。だからこの世界に入る時「おまえより俺のほうがうまいのに大丈夫か?」と心配されました(笑)。自分が考えたレシピが雑誌に掲載…それはお金のためだけに働いていた頃は考えられなかった充実感で一気にのめり込みました。僕はここまでいいタイミングで手を差し伸べてもらって、ありがとうございます!とそれに乗ってきたんです。

コウケンテツさんのお人柄が仕事を創り、人との出会いを引き寄せていますね。では最後に子育てする同世代へ習い事をテーマに、メッセージをお願いします。

料理は脳にすごくいいし、親も一緒に楽しめる。習い事はお金も、送り迎えの労力も必要ですが、そんなの不要で毎日できるのが家庭料理。五感を使うでしょう?ハンバーグを作るにしてもひき肉、玉ねぎ、卵…と素材を集めて、切って混ぜてこねて成型して…イマジネーションをフル活用。うちは居住区の保育園待機児童が多すぎて1年間保育園どこも入れず、1歳と3歳の一番手の掛かる時期、僕はリアルにおんぶ紐に子どもを背負って、もう一人遊ばせながら料理と撮影をこなしていました。息子は僕の手際を見て、ミニカーで遊ぶと同時にフライパンでも遊ぶようになった。やらせないと30分大泣き。料理は5分、10分やらせれば満足してやめます。だからむしろ全工程に関わらせるのでなく、ピンポイントでいい。4歳になった息子は今や、自分で野菜炒めを作れるようになりました。子ども二人共まだ小さくてお休みしていますが、下の娘が4歳になる頃には、子どもの料理教室を再開して全国規模で開催したいですね。

---ありがとうございました!
お話のされかたも、サインで書いてくださる文字も、控えめでありながら味わい深いお人柄が端々に表れていました。爽やかな容姿からは想像もつかないほどご苦労をされていて、それが全部人間味を深くされたのですね。好きで続けて没頭してきた時間があったからこそ、挫折しても再び好きな分野で本領発揮のコウケンテツさん。高2息子のことで悩んでいることを話したら、ものすごく心強いお言葉と体験談を聞かせて頂いて、大笑いしながら感極まって思わずその場で泣いてしまいそうでしたよ。『食を通じて世界中の人と仲良く、文化を紹介する活動も取り組み続けたい』というコウケンテツさんの今後に益々期待が高まります。応援しています!!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●コウケンテツさん 活動情報

プロ技キッチン

  • 『プロ技キッチン』  モーニングバード(テレビ朝日)
  • 超有名料理人を親に持つ新進気鋭のシェフたちが、各家に受け継がれる“家庭料理の秘密”を伝授する料理コーナー

おかずのクッキング

たべごころ

  • 『たべごころ』  (RKB毎日放送)
  • 毎週土曜日 PM5:00~
  • 食に関わる人々の活動を通じて料理人の技術や思いを通し食を大切にする「こころ」を伝えます。
  • 『コウケンテツが行くアジア食紀行』  (NHK BS)
  • 『コウケンテツが行くアジア旅ごはん』  (NHK BS)

[1]   [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ

 




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21