0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第116回 > 2
美的センスも高い落語家 林家たい平さん落語家であり、現在は武蔵野美術大学客員教授も務めている。
人の子どもたちに音波を発し続ける。落語家であり、現在は武蔵野美術大学客員教授も務めている。

たい平さんは3人お子さんがいらっしゃいますが、子育ての方針や大切にされていらっしゃるのはどんなことですか?

大学1年の長男、高校2年の長女、中学1年の次男の3人共たくましく育ってほしい、という思いはあります。宿も予約せず「城をみよう!」という企画であてのない旅をしたり…。都会で暮らしていると人間力とか生きる力が育ちにくいので、そういう環境を与えて体で学ばせたい。そして、誰かのために生きる、役立つ人であってほしい。

理想的ないいお父さんですね。反抗期で親子バトルなんてことはありませんか?

長男はお菓子作りが好きでパティシエを目指せば?…というようなやさしい男子で、親子喧嘩もありません。長女は異性なので少しずつ僕から離れてしまって、一時期しゃべらなくなりましたが、今は解消されました。高校の演劇部で芝居をしています。次男は中1になって言動が変わったので「反抗期だね」と言ったら「反抗期はよくない言葉だから思春期と呼んでほしい」と言われました。どこで覚えてくるのか、そういう意味でも思春期って心も成長するんだなぁ~と。

お父さんと同じでお子さんも温厚ですね。とはいえ難しい思春期に、心がけていらっしゃることはありますか?

息子よりも娘がしゃべらなくなった時は、とにかく挨拶だけは心がけていました。娘が何も返さなくても、いつも自分のことを気にしているんだと思ってもらえたらそれでいいんじゃないかと。「おはようと言っているのに、なんでおはようと返さないんだ!」と詰め寄っても、話がこじれるだけだと気づいてこちらの対応を変えたんです。返事はなくても「おはようと言ってくれる父親がいる」という認識をもてばそれでいい。気にしている音波を発信し続けることが大切なのだと思います。

噺家の道を選択しそうな可能性は、3人の中でいらっしゃいますか?

3人共小学生の頃、高座に上がって落語を経験しています。僕がピアノの先生ならピアノを教えられますが、落語家なので落語しか教えられません。子どもって暗記力も優れていますし、お客さんにも笑ってもらえて受けがいい。楽しかったと思います。中でも、次男が一番噺家に向いているかもしれません。

[3]を読む   

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21