0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第151回 > 1

アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンさん

アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン

ジャーナリスト。自分の娘を病気で亡くした経験を持つ。病気が見つかってからの日々を綴った『濡れた砂の上の小さな足跡』(講談社)はフランスで35万部の大ベストセラーとなり、世界20カ国で翻訳本が出版された。»  映画「子どもが教えてくれたこと」公式サイトはこちら

ありのままの日常を愛すること。

監督のお嬢さん(タイスちゃん)が病気だとわかった時、2歳のお誕生日でしたね。どのくらい病気のことを理解していましたか?

アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン

物理学、生物学的にはわかっていませんでしたが、完璧に理解していました。もちろん私も臓器内で何が起こっているかなどは説明しませんでしたが、どういうふうに病気が進行するのかについては完璧にわかっていました。告知してからしばらくして5歳の長男ガスパールが「じゃ、タイスの誕生日会をしよう」と言いました。彼にとっては毎年やっていた楽しい行事。子どもは切り替えがちゃんとでき、何か悲しいことが起こってもグズグズ泣いていない。同情し続けないものなのです。

引きずらない強さ。切り替えの早さは子どもの持ち味ですが、大人はなかなかそういうわけにはいかなかったのでは?

大人は自分に降りかかった運命を「どうして?」と呪ったり、動揺して平常心でいられなくなりますが、子どもはありのままを受けとめます。今、この瞬間を生きている。自分の手で人生を開き、とことん生きようとしています。他人を思いやる気持ちもちゃんと持っている。イマド君がお父さんを気遣って、疲れていないかを心配するシーンがそうです。誰も未来を恐れていないし、自然体なのが子どもの素晴らしい点です。

主人公の5人、子ども達が小さな哲学者のようで、発する言葉が心に沁みました。彼らはオーディションをして選んだのですか?

オーディションではありません。リサーチに十分時間を長く掛けました。病気の子どもたちを支援する団体に掛け合うなどして、出会ったのは5人だけです。私が望んだのは、十分に準備をして「この子はこういう子だ」というのを頭に入れてからしか会いませんでした。病気を抱え脆弱な状況で生きている子どもたちのキャスティングはとてもデリケートでした。選んでから、「やっぱりあなたじゃない」…とは言えませんから。

納得しました!だからこそ5人の素晴らしい子ども達が登場しているのですね。カメラワークもすべて子どもの目線で撮影されているように感じます。

カメラは一台だけを回しました。それはとても意味があることでした。つまり、罠をかけるようなアングルがないのです。ひとつのカメラで彼らのそのままの姿を映す。子どもたちが不意打ちを食らわないように、どこにどういう感じでカメラがあるか常にわかるようにして撮影しました。

アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

不登校新聞編集長 石井志昂さん

次回は、不登校新聞編集長の石井志昂さんが登場。不登校児童が30万人以上といわれる時代。学校に戻ることが正解ではなく選択肢は他にもあることを伝えたいと『「学校に行きたくない」と子どもが言ったとき親ができること』を上梓。石井さんご自身も不登校経験者であり、20年以上不登校問題と対峙してきた。子どもの選択に対し、親はどうすべきか。不登校を前向きに捉えるお話を伺いました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21