0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第157回 > 3
女優 鳴神綾香さん人前で歌うことも好きだった小学生時代。
簡単にあきらめない、しぶとさを習得。人前で歌うことも好きだった小学生時代。

ピアノ以外に習い事は何かされていましたか?

バレエを5歳から9歳まで、剣道を小4から小6まで、合唱団は小4から中2までやっていましたね。私は好奇心旺盛で、体を動かすのが好きで、やってみたいことはやらせてもらっていました。昔から負けず嫌いなので、コンクールやオーディションなど勝負事は燃えました。音楽に合わせて何かするのがすごく好きでした。弟も剣道やピアノをやっていて、下の弟は剣道で大学も推薦入学でした。

たくさんいろんなことさせてもらえて幸せな環境でしたね。今、何か注目しているニュースはありますか?

YouTubeをよく観ています。それで生計立てている人がいるなんてスゴイですよね。いろんな国を旅するYouTuberのはおもしろくて、ひとりでその国に行って現状をダイレクトに発信して、そのままを写している。レポートしている内容もリアルでおもしろい。チャンネル登録しているYouTuberの動画は必ずチェックしています。

うちの大学生の息子もそうですが…鳴神さんくらいの世代からもうガラッとテレビを観なくなっているとは…私も全然テレビ観ませんが(笑)メディアが完璧に入れ替わりました。では、習い事を考える親にアドバイスするとしたら?

私は習い事で頭を使ったり、体を動かしてきたことが、今でも役に立っているし思い出に残っています。子どもが興味あることを聞きだして、その子に合うような習い事をさせるのはすごく良いこと。いろんなチャレンジをすることで、良い影響がある。うちの親は三人三様、子どもの個性を伸ばす教育をしてくれました。私は小・中・高と習ってきたピアノの先生にビシビシ叱られてきました。そのおかげで簡単にあきらめない癖もついた。うたれ強さには自信があるし、しぶといと言われます。それも習い事で修得できたことです。

映画「がんになる前に知っておくこと」の最後の場面で、美しくピアノを演奏するシーンが印象的ですが、映画について最後に一言お願いします。

最後に弾いているのは、バッハのゴルトベルク変奏曲という曲です。やさしく繊細なメロディで、監督が提案してくださって、よくよく聴いてみるとこの作品に合っていました。私と同世代の方にとっても、わかりやすい映画だと思います。がんは暗いとか怖いわけでない。もし何かあった時でも、いろいろな人や場所のサポートがあることを知っておくと心強く感じられるはずですから。

---ありがとうございました!
健康だけが取り柄と言っても、それが永遠に続くのかはわかりません。明日は我が身のがん。見終わると力が湧いてくるような作品です。キレイな鳴神さんの心がそのままスクリーンに映っているような、最後の演奏シーンが心に沁みました。女優さんとしても益々楽しみです。

2019年1月取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

鳴神 綾香 映画紹介

【ドキュメンタリー映画】がんになる前に知っておくこと

  • 日本人の2人に1人が「がん」になると言われている時代に、「がん」をおそれるのではなく、知ることから始めたい。がんのこと、自分のこと、治療のこと、これからの人生のこと。

がんになる前に知っておくこと

医師と看護師、経験者との15の対話(ドキュメンタリー)
ナビゲーター: 鳴神綾香 / 監督: 三宅流 / 企画・プロデューサー: 上原拓治

 
都道府県 劇場名 公開日
東京 新宿K’s cinema 2019年2月2日(土)~22日(金)
埼玉 川越スカラ座 2019年2月23日(土)~3月1日(金)
群馬 前橋シネマハウス 2019年春予定

愛知

名古屋シネマテーク 2019年春予定
大阪 第七藝術劇場 2019年春予定
京都 京都シネマ 2019年春予定
兵庫 元町映画館2019年春予定
広島 横川シネマ 2019年春予定

東京・新宿K’s cinemaにて1月22日(金)まで公開中。ほか、全国順次。新宿K’s cinemaでの上映期間中、出演者によるゲストトークも開催。

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21