0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第65回 > 3
映画「TAKAMINE」で熱演 元祖イクメン俳優 長谷川初範さん『開発予算を特許収入で捻出。ベンチャー企業の先駆け。』(C)2011「TAKAMINE」製作委員会
我が子にはユニークな教育理念をもつ環境を与えた『開発予算を特許収入で捻出。ベンチャー企業の先駆け。』(C)2011「TAKAMINE」製作委員会

元祖イクメン俳優としてお子さんともしっかり関わってこられたそうですね。

僕は母性のカタマリ。女性に母性があるというのは違いますね。子どもと一緒に過ごすことで父親にも母性は生まれてくる。息子は26歳になりますが東京芸大の大学院で「先端芸術」を、具体的には世界中の祭事を研究しています。今は大人になって偉そうにしていますが、彼の幼い頃に食べさせたり寝かせたり一緒に過ごしたのは僕なんだぞと。かわいかったあの子はもういない(笑)。

息子さんが学者さんの道へ進まれたのは、長谷川さんが自分の好きなテーマを存分に追究されていたDNAを継がれているようですね。

僕は学校の先生が教えてくれることと、自分で調べて得た知識がなんだか違うということに気がついて、常に「先生が正しいのか、自分が正しいのか」と裏付け取るために勉強していました。ある時、僕と同じ考えをもつ教育者の本と出会って、これは素晴らしい!と。それで息子を、その著者が校長先生をされていた和光小学校へ入学させました。

素晴らしい教育理念で有名な学校ですよね。

息子は自由な保育園で泥まみれで野生児として遊んで育ってきましたが、途中引っ越しで転園。そうしたら伸び伸びと育っていた彼が「手に負えない子ども」として保母さんに扱われてしまった。僕は息子が天才と思って育ててきましたから、彼の良さを伸ばせる教育とは何だろうと考えた。小学校受験なんて考えもしませんでしたが、校長先生へ著書に感銘を受けたことを伝えるお手紙を書きました。

そこで息子さんの才能が開花されました?

小学2年生頃に授業参観へ行った時の話です。先生が「これわかる人?」と聞いて「はいはいはい!」と元気よく手を挙げている一方で、「これわからない人?」と聞いても同じように「はいはいはい!」と挙手していた。わからない時、手は挙げないものだろうと家に帰って息子に言うと「お父さん、それは違うよ。わかる時はもちろん手を挙げるけれど、わからない時も手を挙げてわかるまで教えてもらうんだよ」と。そうか!と目から鱗でした。それと同時に子どもの感受性の素晴らしさを思い知りました。

『日本の伝統芸をアメリカに伝える努力も惜しまなかった。』(C)2011「TAKAMINE」製作委員会

---ありがとうございました!
ダンディーな長谷川さんが元祖イクメンだったとは驚きでしたが、息子さんの昔話をする時の幸せそうな表情は、しっかり子どもを育てあげた母性漂うものでした。「TAKAMINE」には今の日本に届けたいメッセージがあります。脇を固める豪華キャストにも注目。ドロドロなラブシーンはありませんが、爽やかな風を感じる愛の物語です。

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●映画公開予定情報

  • 「TAKAMINE アメリカに桜を咲かせた男」
  • 公式サイト: http://j-takamine.com/
  • 5月28日(土)より、東京有楽町スバル座他 全国順次ロードショー
  • 【出演】長谷川初範篠田三郎渡辺裕之田中美里川久保拓司ナオミ・グレースハニー・ローレン国分佐智子柴田理恵黒部進(友情出演)栗塚旭松方弘樹 ほか
  • 【主題歌】白井貴子「SAKURA SAKURA 幸せの架け橋」
  • 【監督】市川徹
  • 【配給】アーク・フィルムズ

高峰譲吉…。1854年、加賀藩の御典医であった家柄に生まれ、消化酵素タカヂアスターゼの発見、止血剤で有名なアドレナリンの結晶化などノーベル賞級の偉業を果たした。研究を産業と結びつけて富を生む事を実証して見せ、20世紀初頭の世界をリード。日米親善にも心血を注いだ人物である。
本作は2010年8月、博士の生まれ故郷である金沢でクランクイン。
そして、日本国内のみならずハリウッドでの撮影を敢行!日米を舞台に壮大な物語が完成した。

» 映画「TAKAMINE アメリカに桜を咲かせた男」公式サイトはこちら

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21