0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第89回 > 3
「今でしょ?」で大ブレイクの東進ハイスクール スーパーカリスマ現代文講師 林修さん小3頃、左後方一番大きな体格の林少年は、ずばぬけて成績優秀児。
自分の頭で考えないことは身につかない。小3頃、左後方一番大きな体格の林少年は、ずばぬけて成績優秀児。

日本がバブル経済の時代に大学生、就職は大手銀行へ。エリートコースを歩まれてこられたのに半年で退職。その後、予備校講師は天職でした?

大学時代はギャンブル、バイト、デート…と勉強以外のことばかりの最低な東大生でした。東大法学部を卒業して民間に就職する時点で、もうエリートではない。バブルの影響は世の中を浮つかせ、踊らせました。そういう雰囲気が好きでなくて、こういう所にいたくないなぁ…という気持ちでした。僕はいつも冷めた皮肉屋なので。退職後は…「空白の3年間」を経て、予備校講師となりました。最初はこの仕事も3年やって辞めようと思ったのですが、3年で借金が無くならなかったから続けました。気がつけば予備校講師となって20年以上になります。

勉強が得意な林さんだからこそ、という気がします。今は子どもを取り巻く環境が変わっていますが人との関係性についてはどう思われますか?

僕はもともと友人が少ないのですが、それでよかったことのほうが多い。本にも書きましたが、仲がいい人なら余計一緒に飲む時間を少なくしたほうがいい。今の子は、興味のある同じテーマを共感してくれる人、自分にとって居心地のいい仲間をネットもあるし簡単に見つけられますよね。でも馴れあいの時間ほど無駄な時間はないと思います。特に男は馴れあい関係で集まれば愚痴や不満ばかり言う動物ですから。

林先生は学校の教育現場ではいらっしゃらないタイプだと思いますが、今の学校に足りない点は何だと思われますか?

僕は関西方面の女子高で12年間教えた経験があります。もちろん、昼間の授業で教師をしていたわけではなく、私学の生き残りをかけて学内に予備校を設置した女子高に、授業後に講師として出講していたんです。その経験を通じて感じたのは、高校の先生は生活指導に時間を割かれ過ぎて学習指導まで手が回っていない。だから、そうしなくていい状況をつくるために家庭が子どものサポートをしないと。普通の学校の先生は、本当にお気の毒だと思うこともしばしばあります。一方で進学校では、生活指導に教員が時間を取られないので、学習指導が一層充実します。
もっとも、全員が受験勉強に励んで大学を目指す必要なんて、全くありません。勉強ができなくたって、今社会で大活躍されている方は多数います。しかし、自分の頭を使って考えることのできない人間は問題です。それは誰にでも必要なことであり、意味があるのだということを大人が教えるべきでしょうね。僕は、たまたま勉強に対する適性が高かったから、こういう仕事をしていますが、それぞれが、それぞれに向いた仕事を見つけていけば、勉強が不得意であること自体は全く問題ありません。こういうことも、授業でよく言うんですよ。

国語の力はすべての学問に通じると思いますが、現代文を教えていらして今の子どもたちに感じることはどんなことですか?

明らかに国語力が落ちています。読書量が減っていること、コピーが氾濫しているのが大きな影響を及ぼしています。僕は自分の手で書き写した時間が長かったことがすごく大きい。文章を書き写すというのは大事。漢字も自然に覚えましたから、その手の問題集は一冊もやった覚えがありません。書けない漢字も読めない漢字もなかった。中学時代に夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介、志賀直哉…など作家の全作品を読破していました。それも誰かにやれと言われたことではなくて、自分がそうしたいから読んだのです。ですから生徒には僕が言った通りではなく、自分流にアレンジして考えなさいと言っています。そういうものしか結局身につかない。誰かに言われたことは一瞬頭の片隅に置いても、抜け落ちていく。結局、自分の頭で考えたものしか残らないのです。

---ありがとうございました!
7月末まで一日もお休みなしのスケジュールびっしりで体調が心配ですが「これを順番にこなすことが楽しい!」と取材続きでお疲れなのにもかかわらず、たくさんエピソードをお話ししてくださった林先生。『野球、競馬、お笑い、シャンパン』の4テーマに興味があることをブレイク前からBlogに書かれていたら見事に今、全方面から仕事でお声が掛かっているそうで…なかなかの策士。辞典のような頭の良さを世の中にいかして益々のご活躍をお祈りしています!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●林 修さん 書籍情報

『今やる人になる40の習慣』

  • 『今やる人になる40の習慣』
  • 林 修 著  宝島社
  • 定価 1,260円
  • 発売日 2013年4月15日
  • テレビCMの影響で今や流行語になった『いつやるか? 今でしょ!』で大ブレイクした東進ハイスクールのカリスマ講師・林修氏の最新著作です。本書はずばり、何事にもグズグズしないで、『今やる!』ことの重要性を説く、生き方ノウハウ本です。やらないといけないのはわかっているのに、先送りして後悔、失敗してしまう。そうならないためにはどうしたらいいのか。40の習慣を著者が教えます。

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21